“しがみつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
獅噛付66.7%
獅噛附33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
例えば疾風しっぷう落葉らくようを巻くが如き勢いで、さッと飛んで来て冬子に獅噛付しがみついた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
やがてうとうととねむったかと思うと、彼女かれは何だか得体の知れない真黒な大きい怪物にぐいぐいと胸をさえ付けられて、悶いて苦しんでようように眼を醒ますと、しっかり獅噛付しがみついていたよぎの襟は冷い汗にぐっしょりと湿れていた。
黄八丈の小袖 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
と玄竜はびっくりして、急にばね仕掛けにでもはじかれたように大村の腕へ獅噛附しがみつくように飛び出した。
天馬 (新字新仮名) / 金史良(著)
PR