“しおざかい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
汐境50.0%
潮界50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いま小倉のいった通り、俺の釣堀だって芝居のたまの休みに、それこそ一日いちんちか二日の忙しい中を無理をして行くからこそたのしみにもなるんだ。――今度こんだのようにまる/\一月休みの、来月だって稼げるか稼げねえか分らねえ汐境しおざかいに立って釣どころの沙汰じゃァねえ。――人情はそうしたもんだ。――なァ小倉?」
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
いたずら歳月としつきを送ッたを惜しい事に思ッているのか? 或は母の言葉の放ッた光りに我身をめぐ暗黒やみを破られ、始めて今が浮沈の潮界しおざかい
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
物のうちの人となるもこの一時ひととき、人のうちの物となるもまたこの一時※今が浮沈の潮界しおざかい、尤も大切な時で有るに、お勢はこの危い境を放心うっかりして渡ッていて何時いつ眼が覚めようとも見えん。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
PR