“こわみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
怖味75.0%
強味25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
由「ないが何処ともなく巡査さんは凛々りゝしくって怖味こわみがありますから、わたくしが届けちゃいけますまい、何卒どうぞ是は一つお女中に願いましょう」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
此の娘は年頃十八九になりましょうか、色のくっきり白い、鼻筋の通った、口元の可愛らしい、眼のきょろりとした……と云うと大きな眼付で、少し眼に怖味こわみはありますが、もっと巾着切きんちゃくきりのような眼付では有りません
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
尤も外へ出ます時には、御両親のお恥になると済まないと申して着ますが、うちにいる時は何うか綿服めんぷくにして下さいと申し、頭も飾らず、白粉おしろいなどは更につけず、誠にさっぱりとした娘でございますが、自ずと気象が気高くても強味こわみはありません、心掛けのい娘でございます。
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)