“こりす”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
子栗鼠50.0%
小栗鼠50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いて、まじまじしているのに、「ここで待っててね」といいざま、子栗鼠のような素早さで、とんで行き、ぼくが椅子かける間もなく、ちいさい中村さんは、息をきり
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)
「城ヶ島の雨」「あわて床屋」「かやの木山」「りすりす小栗鼠」「煙草のめのめ」「さすらいの唄」みんなが知ってる限りの校歌民謡童謡流行唄は一つも残さず唄い終ってしまった。
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)