“くろさんこしだか”の漢字の書き方と例文
語句割合
黒棧腰高100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
竪矢たてやあかいろが、ひろ疊廊下たゝみらうかから、黒棧腰高くろさんこしだか障子しやうじかげえようとしたとき
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)