“きりふゆき”の漢字の書き方と例文
語句割合
桐生行100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
列車は、おやとふほど何処までも長々なつたが、後半部桐生行てられたものであつた。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)