“きりぬい”の漢字の書き方と例文
語句割合
切拔100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
觀請して在りれ/\見るべし彼の天井のの所なりと其所へ這入には爰の本堂より位牌壇の後の方から這入がよいそして踏掛る所が夫から又天井に切拔が有るから其所より這入べしと最と深切に教へけり重四郎は追詰られし事故心中如何は
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)