“きりぢら”の漢字の書き方と例文
語句割合
桐散100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
うえの羽織は、紺地錦へはなやかな桐散し、太刀黄金づくり、草色のたびをはき、茶筌髷はむらさきの糸でむすぶ。すべてはでずきな秀吉が、いま、その姿を、本丸の一室にあらわした。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)