“きりこん”の漢字の書き方と例文
語句割合
斫込100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
取り落すにぞお花は直くと立上り樣吾助が肩先五六寸胸板斫込だり然れども吾助はもの狂ひ手捕にせんと大手をげ追つりつ飛掛るをお花は小太刀打振々々右にり左に拂ふを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)