“きりあが”の漢字の書き方と例文
語句割合
切上100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
奥坐舗の長手の火鉢に年配四十恰好年増、些し痩肉で色が浅黒いが、小股切上ッた、垢抜けのした、何処ともでんぼうの、れてもまだ見所のある花。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)