“きよばゝ”の漢字の書き方と例文
語句割合
清婆100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
れ大酒に醉伏燒死たるに相違なき由にて其場は相濟たり是に依て村中評議の上にてお三ばゝの死骸は近所の者共請取菩提寺へぞりける隣家のお清婆と云は常々お三ばゝと懇意なりければ横死
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)