“きよくすゐ”の漢字の書き方と例文
語句割合
曲翠100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
曲翠発句を取りあつめ、集作ると云へる、此道の執心なるべきや。、これ卑しき心より上手なるを知られんと我を忘れたる名聞よりる事也。」
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)