“かくりゃく”の漢字の書き方と例文
語句割合
虢略100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いくばくもなく官を退いた後は、故山こざん虢略かくりゃく帰臥きがし、人とまじわりを絶って、ひたすら詩作にふけった。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)
彼等かれら虢略かくりゃくにいる。
山月記 (新字新仮名) / 中島敦(著)