“かいつぶり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
40.0%
鳰鳥40.0%
鸊𪂬20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一つ、別に、この畷を挟んで、大なる潟がいたように、刈田を沈め、かいつぶりを浮かせたのは一昨日のの暴風雨の余残なごりと聞いた。
小春の狐 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
宮嶋氏はかいつぶりのやうに丁寧に頭を下げた。
丁度鳰鳥かいつぶりの浮巣が潮の差引さしひきにつれてあがつたりりたりするやうな工合に……
鳰鳥かいつぶりのように、
古事記物語 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)