“うつつよ”の漢字の書き方と例文
語句割合
現世100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
してその時に自分は稚児おさなご現世うつつよならぬ薄青い夢の世の熱い夏の真昼頃、なんでも広い広い桑畑でただ独り、そのうちをさまよいながら、蜻蛉を取っている姿のありありとして見られたのである。