“うちぎぬ”の漢字の書き方と例文
語句割合
打衣100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、薄紅梅うすこうばいに、青摺あおずり打衣うちぎぬを襲ねたもすそからこぼれた得ならぬ薫りが、いつまでも、自分のあとを追ってくるような気もちにとらわれた。
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それからずつと探りまはすと、絹らしい打衣うちぎぬの袖にさはる。
好色 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)