“うきうき”の漢字の書き方と例文
語句割合
浮々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こちの私のとこを見くびったか、酌をせい、と仰有おっしゃっても、浮々うきうきとした顔はせず……三味線さみせん聞こうとおっしゃれば
歌行灯 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
身も心も浮々うきうきしていて、普段ふだん音痴おんちのぼくでも、ひどく音楽的になれたのでしょう。
オリンポスの果実 (新字新仮名) / 田中英光(著)