“いんぴ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
淫卑75.0%
淫靡25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
細長き画面の上部を二階となし階段によりて男女の相逢ふさまもしからず。柱絵は春信の後継者たる湖龍斎に至りますます複雑多様となり、またますます妖艶淫卑の画題を選みき。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
淫靡、精根、の無い饒舌の珍らしさに、後から後からと黒山のようにって、盛んに拍手し喝采もしていた聴衆も、あまりの目まぐるしさに
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)