“あるじどの”の漢字の書き方と例文
語句割合
主殿100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いや/\、あまり長座をしては主殿あるじどのが御迷惑だ」
少将滋幹の母 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
主殿あるじどのも、そう思われるか」
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)