“汗疹”の読み方と例文
読み方割合
あせも100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六月三日が、土用どよううしの日。この日、桃の葉でたてた風呂へ入ると、暑気をはらい、汗疹あせもをとめるといって、江戸じゅうの銭湯で桃葉湯もものはゆをたてる。
顎十郎捕物帳:08 氷献上 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
過日、わたしはもののはじに、ことしの夏のことを書き添えるつもりで、思わずいろいろなことを書き、親戚から送って貰った桃の葉で僅かに汗疹あせもを凌いだこと、遅くまで戸も閉められない眠りがたい夜の多かったこと、覚えて置こうと思うこともかなり多いと書いて見た。
秋草 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
過日、わたしはもののはじに、ことしの夏のことを書き添へるつもりで、思はずいろ/\なことを書き、親戚から送つて貰つた桃の葉で僅かに汗疹あせもを凌いだこと、遲くまで戸も閉められない眠りがたい夜の多かつたこと、覺えて置かうと思ふこともかなり多いと書いて見た。
桃の雫 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
熱い夏の頃ではあり、汗疹あせものようなものが一人に出来ると、そいつが他の子供にまで伝染うつっちゃって——節ちゃんはあの時分のことをよく知らないだろうが、六歳をかしらに四人の子供に泣出された時は、一寸ちょっと手の着けようが無かったね。どうかすると、子供に熱が出る。
新生 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)