“吹螺”の読み方と例文
読み方割合
すいら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
朱房しゅぶさ吹螺すいらを高く手にもち、高力新九郎は、息いっぱい、吹き鳴らした。
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)