“鼻家”の読み方と例文
読み方割合
ハナヤ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
子どもの頃、誰かゝらはなやは、鼻家・端屋の意で、崖の上にあつたので、扨こそ、根来落ちには道案内もした訣なのだ、と言ふ理のつんだ様な話を、聞かされたやうに思ふ。
折口といふ名字 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)