“鹿持雅澄”の読み方と例文
読み方割合
かもちまさずみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鹿持雅澄の古義では、「いささ群竹」を「いささかの群竹」とせずに、「五十竹葉群竹」と解し、また近時沢瀉博士は「い笹群竹」と解し
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
「(前略)昔はだいぶ評判の事であったが、このごろは全くその沙汰がない、根拠の無き話かと思えば、「土佐今昔物語」という書に、沼澄鹿持雅澄
怪異考 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
次に鹿持雅澄の『万葉集古義』には
植物記 (新字新仮名) / 牧野富太郎(著)