“鵬程”の読み方と例文
読み方割合
ほうてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
泰西文学は古今の別なく全く西洋的にして二千年来の因習を負へるわが現在の生活感情に関係なき事あたかも鵬程九万里の遠きにならず。
矢立のちび筆 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)