“鮮鯛:せんたい” の例文
“鮮鯛:せんたい”を含む作品の著者(上位)作品数
坂口安吾1
“鮮鯛:せんたい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
秀家から氏房の陣へ使者を送つて、長々の防戦御見事、軽少ながら籠城の積鬱を慰めていたゞきたいと云つて、南部酒と鮮鯛せんたいを持たせてやつた。
二流の人 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)