“魔弾の射手”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
フライシュッツ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“魔弾の射手”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 音楽 > 音楽史 各国の音楽10.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
八歳の時、ウェーバーの「魔弾の射手フライシュッツ」をて涙を流し、その中の美しい歌をピアノで弾き、病褥びょうじょくの継父を驚かせたというが、その後ピアノの教師について学んだ時は技巧的な修業を嫌って、「この子は音楽家にはなれない」と見限られ、ヴァイオリンの教師には「一番いけない生徒」という折紙を付けられたりした。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)