“馬糧倉”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まぐさぐら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“馬糧倉”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
江戸の両国や浅草とちがい、ここの繁華は夕方からなので、昼は馬糧倉まぐさぐらのように蒸れているむしろ小屋に昼寝をしている者もない。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
家に飼っている女奴めのやっこ奴婢ぬひ)の蝦夷萩えぞはぎと、急に親しくなって、先頃も、昼間、さく馬糧倉まぐさぐらの中へ、ふたりきりで隠れこんでいたのを、意地のわるい叔父の郎党に見つけられ、
平の将門 (新字新仮名) / 吉川英治(著)