“顕明”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あらわ50.0%
けんめい50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“顕明”を含む作品のジャンル比率
哲学 > キリスト教 > 聖書16.7%
哲学 > 倫理学・道徳 > 人生訓・教訓5.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
然れば隠れたるにたまう神は天使と天の万軍との前に顕明あらわに報い給うべしとのことである(同六章四節)、即ち「隠れて現われざる者なく、つつみて知れず露われ出ざる者なし」とのことである(路加ルカ伝八章十七節)、今世は隠微の世である、明暗混沌の世である、之に反して来世は顕明の世である、善悪判明の世である
幽微ゆうびなるあり顕明けんめいなるあり、所謂浮気者は人目も憚らずして遊廓に狂い芸妓に戯れ、醜体百出ひゃくしゅつ人面獣行にんめんじゅうこう
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)