“人面獣行”の読み方と例文
読み方割合
にんめんじゅうこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
至急の急は則ち性慾をにするの一事にして、其方法に陰あり陽あり、幽微なるあり顕明なるあり、所謂浮気者は人目も憚らずして遊廓に狂い芸妓に戯れ、醜体百出人面獣行
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)