“頸囲”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
くびのまわり100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
其以前に片山夫婦は予に示して曰く、面部は僅に眼を残して木綿にて包み、頸囲くびのまわりも密に巻き、手足に至る迄少しも隙無き様に働き着用の服類を用意して此れを用ゆる事と。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)