“霧氷”の読み方と例文
読み方割合
むひょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これを、樹氷の中でも更に分類して、気象学の方では霧氷むひょうと呼ぶことになっている。
樹氷の科学 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)