“雨露次”の読み方と例文
読み方割合
うろじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「わかりました。では、そこにおいでのお方は、むかし雨露次と隠れ名していた服部治郎左衛門どのと、卯木さまでございましょうがな」
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
俊基主従を途中まで送って、人目にふれぬ暗いうちにと、河内野を駈けるように、もとのわが家の苫舟へ帰ってゆく申楽師雨露次であった。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「おお、ちげえねえ。おまえさんは、古市にいた舟芸人の雨露次の女房、たしか卯木さんと仰っしゃいましたね」
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)