“雇車”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やとひぐるま100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“雇車”を含む作品のジャンル比率
文学 > ドイツ文学 > その他のゲルマン文学7.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
初め我は先づフイレンチエに往き、かしこよりボロニア、フエルララを經て、ヱネチアに達せんと欲せしに、今は忽ち前の計畫をなげうち、スポレツトオより雇車やとひぐるまを下り、暗夜身を郵便車に托してアペンニノの嶺をえ、ロレツトオの地をさへ、尊き御寺みてらを拜まずして馳せ過ぎつ。