“陥凹”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
かんおう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“陥凹”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
このやまいは俗に「石そこひ」と申しまして、眼球の内圧の亢進によるのですから、眼球は硬くなりますが、眼底の検査をして、視神経が眼球を貫いて居る乳頭と称する部分が陥凹かんおうして居るのを見なければ、客観的に診断を下すことが出来ません。
痴人の復讐 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)