“鑷子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
けぬき66.7%
ピンセット33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“鑷子”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 地理・地誌・紀行 > 日本2.3%
文学 > 日本文学 > 日本文学0.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
内供は、信用しない医者の手術をうける患者のような顔をして、不承不承に弟子の僧が、鼻の毛穴から鑷子けぬきあぶらをとるのを眺めていた。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
——これを鑷子けぬきでぬけと申す事でござった。
(新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
解版工(図516)は机に向って坐り、鑷子ピンセットを用いて同種類の活字を拾い出し、それ等を沢山ある箱の中の一つの、適当な場所へ返す。
彼等は、私ならば精巧な鑷子ピンセットを使わねばならぬような小さな物を、拇指と他の指とでつまみ上げる。