“錬行”の読み方と例文
読み方割合
れんぎょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
青年期には葛木山にって修法錬行し、如意輪法、宿曜秘法等に達し、看病薬湯の霊効に名声があった。その法力と、仏道堅固な人格と、二つながら世評が高く、内裏の内道場に召されたのだ。
道鏡 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)