“針糸”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はりす100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“針糸”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
手竿は、折りたたむと煙管きせるの長さだけに縮まるところからその名の起きた、煙管尺十本つぎの朱ぬり竹、針糸はりすは、男の肌を知らぬ乙女の生毛いきげを以ってこれに当てると伝えられている程の、りに凝った大名釣りなのです。