“金太夫”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きんだいふ50.0%
きんだゆう50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“金太夫”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お父さまの金太夫きんだいふさんが、いろいろと硯箱のことを言ひますが、茂丸はただにこにこ笑つてゐて、そんなものをほしいとも何とも言ひません。
硯箱と時計 (新字旧仮名) / 沖野岩三郎(著)
信濃のくに松本藩に仕えて西村金太夫きんだゆうという、はじめ身分も軽くたいへん困窮していたじぶんに、妻のお梶とのあいだにつぎつぎと子が生れ、養育することにもこと欠くありさまだったので、しるべのせわで松代藩の依田啓七郎にお高をったのである。
日本婦道記:糸車 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)