“跋句”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ばっく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“跋句”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「只今、暇を見ては下図調べにかかっておりますが、いよいよ本図にかかりましたら、良斎先生にひとつ序文を願って、柳水宗匠に跋句ばっくを書いていただき、それから皆さん方に一筆ずつ賛をのせていただきたいと、こう思っております」
大菩薩峠:32 弁信の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)