“襞状”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひだじょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“襞状”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
よく気をつけてみると、毛髪もうはつの下の皮膚が、うすく襞状ひだじょうになっているのが見えないこともないが、それが見えたとて、誰もそれを傷痕きずあとと思う者がないであろう。
脳の中の麗人 (新字新仮名) / 海野十三(著)