“衝戟”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しょうげき100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“衝戟”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
飛降りたのは五階ではなく、黒マントの男と会見した三階の空部屋の窓でしたから、それ丈けでは命を失う程のこともなかったでしょうが、西村は動脉瘤どうみゃくりゅうの患者であって、衝戟しょうげきの為にその患部が破裂し、大動脉出血が死因となったのでした。