“萃:あつむ” の例文
“萃:あつむ”を含む作品の著者(上位)作品数
坂口安吾4
“萃:あつむ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
私にさういふ読み方をさせるやうな、聞きての役に適当した長島あつむといふ相棒がそのころ健在であつたせゐです。
女占師の前にて (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
私はいくらかフランス語が読めるやうになると長島あつむといふ男と毎週一回会合して、ルノルマンの「落伍者ラテ」といふ戯曲を読んだ。
いづこへ (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
私はもう当時の事情をみんな忘れてしまつたけれども、雑誌がはじまるまで私の友達といへば長島あつむがたつた一人であつた筈で、私自身が雑誌を発案する筈はない。
処女作前後の思ひ出 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
三人目は長島あつむであつた。
暗い青春 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)