“あつむ”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私にさういふ読み方をさせるやうな、聞きての役に適当した長島あつむといふ相棒がそのころ健在であつたせゐです。
女占師の前にて (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
私はいくらかフランス語が読めるやうになると長島あつむといふ男と毎週一回会合して、ルノルマンの「落伍者ラテ」といふ戯曲を読んだ。
いづこへ (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)