“舗床”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ペーヴメント100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“舗床”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
位地いちは津田の降りた舗床ペーヴメントと車道を一つへだてた四つ角の一端なので、二人の視線が調子よく合わない以上、夜と人とちらちらする燭光が、相互の認識をさえぎる便利があった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)