肌理濃きめこまやか)” の例文
その目のにしてるばかりれる、そのの思へるままにき成せる如き、その口元のながらに立つと見ゆる、その鼻の似るものも無くいと好く整ひたる、肌理濃に光をさへ帯びたる
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)