“繭糸一揆”の読み方と例文
読み方割合
まゆいといっき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この真田伊賀守の領土では、繭糸一揆だの、千曲川の運上騒動だの、また、領主がお庭焼の陶器にって、莫大な費用の出所を、百姓の苛税に求めたので起った須坂の瀬戸物一揆だのと
(新字新仮名) / 吉川英治(著)