“織締”の読み方と例文
読み方割合
おりじめ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
近頃非常に細かい柄に進み、織締というやり方でそれを織り出しますが、しばしば度を過ごしかえって活々したものを失いました。仕事がの末に走ると、美しさはかえって逃げ去ります。
手仕事の日本 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)