“繍身”の読み方と例文
読み方割合
ほりもの100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
余は自分の懇意な水夫に繍身の術を習い自分の腕へ錨の図を繍って入墨した、お浦は羨ましがり自分の腕へも繍って呉れと云うから、余は其の望みに従い
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)