“緒戦”の読み方と例文
読み方割合
しょせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四段の備えも、緒戦もない。緒戦からして直ちに決戦に入らんという素裸捨身の戦いを目がけたのだった。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)