“網打尽”の読み方と例文
旧字:網打盡
読み方割合
もうだじん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
打つと、いわゆる一網打尽で、一ぺんに何十ぴきもとってしまいます。殺さなくてもいいものまで殺す。それで釣りすれども網せず。仁者の心得をのべたものです
苦心の学友 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
源三郎をへ落としこんだのみならず、何かと邪魔になる丹下左膳まで、飛んで火に入る夏の虫、自分から御丁寧にも、その穴へ飛びこんでくれたのだから、これこそほんとうに一網打尽である。
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
「で、結果は? 一網打尽かな?」
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)